リュシーメソッドについて



  リュシーの拍子とリズムの理論をもとに生み出された、世界ではじめての画期的な音楽表現
のためのメソッドです。このメソッドの特徴はリュシーが発見した“法則”による楽曲分析法とそ
れに基ずく音楽表現法にあります。
  従来から日本で行われている楽曲分析法は形式や和声などを分析するいわゆる“作曲学
的分析法”です。しかしリュシーの分析法はそれとはまったく異なった演奏家の視点に立った
演奏に直結する“表現的分析法”です。 
  演奏家が必要とする演奏要素はフレージング、アクセント、アゴーギク(速緩の要素)、デュ
ナーミク(強弱の要素)、テンポです。これらの要素を楽譜から読み取れればいいのです。それ
をリュシーは独自の法則によって可能にしました。
 ではここでリュシーの法則を2、3紹介しましょう。「旋律の最高音にはたとえそれが弱拍にあ
ったとしてもアクセントがつく。」「アッチェレランドは上行あるいは下行進行の途中において努
力と活動の結果生じる。」「上行旋律はクレッシェンド、下行旋律はデクレッシェンド。」「豊富な
和声の曲、あるいは不規則なリズムで書かれた曲はゆっくりしたテンポを要する。」これらはほ
んの一部ですが、これらの法則を用いて曲の分析を行うことによってどの人にも演奏要素を読
み取ることが出来るようになります。あとは分析結果をもとに演奏すればよいだけです。
  演奏の大家であるリスト、ハンス・フォン・ビューロー、ルビンシュタイン、コルトー、カザルス、
ティボー、ラフマニノフ、ホロヴィッツ、シュナーベル、ブゾーニ、バレンボイム、リリークラウス、
ハンスペーターシュミッツたちが用いていたメソッドです。



戻る
戻る



マティス・リュシーについて
マティス・リュシーについて