講師略歴








 

    稲森訓敏
     いなもりのりとし
1956年静岡生まれ、静岡県立静岡東高等学校卒、国立音楽大
学作曲科卒、国立音楽大学大学院作曲科音楽理論専攻修了、
作曲理論を島岡譲、小河原美子、作曲をトーマスマイヤー・フィー
ヴィッヒ、指揮を高田三郎、高階正光の各氏に学ぶ。9年間東京
コンセルヴァトアール尚美に勤務。大学、大学院時代に国立音楽
大学高田三郎混声合唱団に9年間在籍、その間、高田三郎氏の
指揮で4年間テノールを歌う。高田氏の指揮のすごさに圧倒され、
このころから演奏表現の世界に関心を持ち、「どうすればあのよう
な表現が可能になるのか?」との疑問を持つようになる。5年目か
ら指揮法(斎藤メソッド)を高階正光氏のもとで学び始め、6〜9年
目までの4年間指揮者として合唱団で活躍、その間実践指揮を高
田氏から学び、高田氏の合唱曲はほとんど振れるようになる。
学院時代にそれまでの音楽理論教育(和声中心の教育)が演奏
に直接役立たない(0ではないが)ことを確信し、他の道を探求し
始め、ついにリズム中心の教育(マティス・リュシー/Mathis Lu
ssyの理論)に出会う。その後東京コンセルヴァトアール尚美にお
いてリュシーの理論の正しさを証明するためにピアノ科において
「演奏表現法」という名の授業で様々な実験を行う。その結果リュ
シーの理論が正しいことが証明され、リュシーの死で実現できな
かったリュシーの理論のメソッド化への挑戦が始まる。そしてつい
にテキスト化に成功し教育が可能になり現在に至る。現在Music
al Expression主宰、リュシーメソッド代表。音楽表現法研究会
会長

【著書】
稲森訓敏 編著 演奏表現法 (Musical Expression)
稲森訓敏 共著 Jazzyに聴かせるクラシック2、3、4 (中央アート出版社)
マティス・リュシー 著
稲森訓敏 監修
音楽のリズム 〔要約版〕 (中央アート出版社)
稲森訓敏 著 音楽のリズム 副教材     
音楽リズムの表現法(リュシ-メソッド)の実習 (中央アート出版社)


【講演】
2011年11月2日 日本リズム協会主催 第29回大会
  「音楽のリズム ― マティス・リュシーと彼のリズム理論」
2012年12月11日 静岡すみやグッディ主催公開講座
  「音楽のリズム―マティス・リュシーと演奏、指導に役立つ彼の実用的
   リズム理論」
2013年06月28日 ヤマハ銀座店主催公開講座
  「音楽のリズム―マティス・リュシーとあなたの演奏、指導を変える彼   
   の実用的リズム理論」
2014年03月30日 日本音楽理論研究会 第14回東京例会
  「音楽のリズム―マティス・リュシーとあなたの演奏、指導を変える彼      の実用的リズム理論」






戻る
戻る